建築士 試験対策で知っておきたいこと。目指せ! 一級建築士、二級建築士 試験合格。

建築士 試験対策

建築士 試験とは?
建築士 試験で合格するコツ
正しい 建築士 試験の勉強方法

  

建築士 試験とは

建築士は、建築士法に拠って定められた国家資格です。
建築士になるためには、法令で定められた建築士試験に合格し、建築士免許を取得しなければなりません。

建築士には、一級建築士 、二級建築士 、木造建築士 があります。
一級建築士免許は国土交通大臣から、二級建築士免許 と木造建築士免許はそれぞれ知事から交付されます。
建築士試験には学科と製図があり、両方の試験に合格しなければ、建築士免許は交付されません。

建築士試験は毎年行われます。学科は春に、製図は秋に行われ、春の学科試験に合格した者だけが製図試験を受けることができます。
また、それぞれの建築士試験には受験資格が必要です。

■建築士の受験資格
一級建築士の受験資格は、大学の建築または土木課程を卒業後、実務経験2年以上、または二級建築士免許取得後、実務経験4年以上です。
二級建築士の受験資格は、高校の建築または土木課程を卒業後、実務経験3年以上、または学歴に関係なく実務経験7年以上となっています。

建築士 試験の合格率

建築関係法令集二級建築士学科試験対策
建築士試験の合格率は、平均すると以下のようなものです。
一級建築士:学科試験合格率25% 製図試験合格率30%  総合合格率11%
二級建築士:学科試験合格率35% 製図試験合格率55%  総合合格率23%
木造建築士:学科試験合格率75% 製図試験合格率75%  総合合格率53%

特に一級建築士と二級建築士の合格率は、国家試験の中でも非常に厳しいものとなっています。
ですから、正しい試験対策を行うことが、建築士試験突破のカギになります。
あなたが目指す建築士試験が、どの建築士試験であっても建築士試験対策はほぼ同じです。
ここからは、最も合格率の上がる勉強方法などを解説して行きたいと思います。

建築士 試験とはどういうものなのか

一級建築士試験基本問題集 建築士試験には学科と製図があり、合格にはそれぞれ一定以上の基準点以上が必要です。
まず学科試験では、計画、法規、構造、施工、という4つの学科があります。

建築士試験の学科において、基準点はその時の難易度により異なりますが、全ての教科で基準点を超えなければ合格できません。いくら総合点がよくても、ひとつでも基準点に足りなければ建築士試験では不合格となってしまします。

建築士試験の合格ラインの目安としては、100点満点中70点〜75点ぐらいだといわれています。
建築士試験では、得意な1教科で100点満点を取っても意味がなく、そのような勉強方法では合格はできません。

全ての教科でまんべんなく点が取ることが建築士試験合格の条件ですから、得意、不得意のないようにしましょう。

建築士 試験の勉強

建築士試験を突破するには、数多くの問題集をこなす必要があります。そのための知識も必要です。

建築士試験の問題は5者択一ですが、それぞれの問題を十分に理解していなければ正しい答えは出ないからです。

といって、建築士試験の出題範囲はあまりにも広く、全てを記憶するのはまず不可能ですし、実はその必要もありません。

建築士試験を確実に突破する最も良い方法は、過去の問題から出題傾向を絞り込み、効率よく勉強をすることです。

建築士試験では、過去の出題傾向により必ず出る問題というのがあります。出題傾向の高い問題は徹底して記憶するなど、確実に点が取れるように勉強しなければなりません。

逆にいうと、過去の建築士試験で出題傾向が低いものはあっさり見捨て、もし出たら諦める、ぐらいの気持ちも必要です。

建築士試験突破のカギは、無駄な勉強をしないことも必要なのです。あくまでも建築士試験に合格すればよいと割り切りましょう。

建築士 試験対策の勉強方法 建築士 試験対策の問題集 建築士 試験対策の製図 seoup
Copyright (C) 2006 建築士 試験対策 All Rights Reserved.