建築士 試験対策で最も重要なのが問題集。過去の 建築士 試験出題傾向分析による問題集。一級建築士、二級建築士 試験勉強の心構え。

建築士 試験用問題集

建築士 試験対策では問題集攻略が重要です。
問題集を活用した 建築士 試験突破方法とは?

  
建築士試験で合格するためには、より多くの問題集を利用し、問題の数をこなすことが大切です。
では、どの建築士試験用の問題集がいいのでしょう?それは、過去に出題された問題を集めた問題集を選んで下さい。
これで合格二級建築士試験重要問題集改訂版 media5 Premier 一級建築士試験 合格保証版 2級建築士試験学科厳選問題集500(平成18年度版) 一級建築士試験基本問題集(平成16年版)

建築士 試験対策の問題集選び

建築士試験において、過去に出題された問題を繰り返し勉強することは、あなたが建築士試験に合格するための近道です。
ところが、建築士試験用の問題集はたくさんあって、どれを選べばいいのかよく分かりません。

本当に良い問題集とは、過去に出題された問題だけを集めたものです。でもそうしたものは実際には販売されていません。

つまり、多くのの問題集というのは、過去の建築士試験を研究し、出題傾向にあると予測したものです。
しかし、それはそれでよいと思います。なぜかというと、過去に出た問題が、建築士試験でそのまま出ることはありえないからです。

実際の建築士試験では、過去の建築士試験の問題を基準に作成されます。なので、出題される部分、範囲は毎年ほぼ同じです。
建築士試験で実際に出題される問題の多くは、語尾を変えたり、文章を変えたりと、何かと工夫して問題を作成されています。

そして結局のところ、どの問題集でも問うところはほとんど同じなのです。要点だけ分かれば、あとは量をこなすだけです。
問題集が決まれば、同じ問題集を、少なくとも5回はやって下さい。真っ黒になるぐらいやらなければ意味がありません。

建築士 試験の専門学校の問題集

一級建築士試験出題キーワード別問題集(2006年度版) 建築士試験で合格する人の多くは、建築士試験用の専門学校に通っています。
非常に合格率が高く、必ず合格しなければならないという方は、ぜひそちらで学ぶことをおすすめします。

しかし、費用などを考えると、どうしても無理な場合もあるでしょう。そのような場合には、専門学校に通っている友人に頼むなどして、問題集を手に入れてみてはいかがでしょう。かなり質が高いです。

建築士試験のための専門学校では、とても多くの、そして正確なデータに基づいて問題集を作成しています。
これは極秘資料ともいえるもので、生徒には配布されていますが、外部への持ち出しなどは一応禁止です。

でも、罰則があるわけではないので、利用しない手はないと思います。
もし手に入れば、それを徹底的にやって下さい。

建築士 試験の心構え

建築士試験を受ける方の多くは、専門学校に通っています。
その理由は、合格率が高いからです。

徹底的に研究された教材を使い、短期間で成果が出るような勉強方法をしているためです。無駄なものは省いています。

専門学校の勉強方法とは、講師による授業をひと通りやってから、小テストや問題集を繰り返し行うといったものです。

これによってわずかな記憶を、確かなものにしてゆくわけです。
ここでも問題集の重要性がお分かりいただけると思います。

よい教材を使えば成果は出ます。でも、結果は全て本人次第なのです。

建築士試験で有名な学校では、合格率は6割を超えています。

しかし、それでも4割は落ちるわけですから、建築士試験ではいかに本人のやる気が大切か、ということも言えます。

建築士試験合格には、よい教材と、よい勉強方法、そして本人のやる気が大切なのです。本気でやらなければ結果は出ません。

建築士 試験対策  建築士 試験対策の勉強方法 建築士 試験対策の製図
Copyright (C) 2006 建築士 試験対策All Rights Reserved.