建築士 試験対策では何が必要?知らなかったでは済まされない 一級建築士、二級建築士 試験の勉強方法。

建築士 試験の勉強方法

建築士 試験を突破する方法
建築士 試験の傾向と対策をつかめ!
効率よくできる 建築士 試験用の勉強方法とは?

  
建築士 試験は範囲も広く、建築士試験で確実に合格するためには、相当な量の勉強が必要です。
ところが、建築士を目指すほとんどの方は昼間仕事をしていて、建築士試験の勉強時間は夜や休みの日など限られているのが現状です。
少しでも効率よく勉強することが、建築士試験突破のカギになります。建築士試験合格には、建築士試験用の勉強方法があるのです。
ここでは、建築士を目指すあなたのために、現役の建築士がこれまで行ってきた建築士試験で合格するための勉強方法をお伝えして行きます。

建築士 試験合格のための問題集の活用

建築士試験で合格するためには、過去の建築士試験で出された問題を数多くこなすのが最も手っ取り早い方法です。

本番の建築士試験では満点を取る必要はまったくありません。建築士を目指すあなたの目的は、建築士試験で合格ラインを突破することです。そのために、建築士試験用の問題集を活用することは必須です。

建築士試験は、過去の出題傾向によりかなりの確率で出題されるものと、そうでないものに分けることができます。
つまり、建築士試験の勉強は、出題傾向の高い問題だけを徹底的に行えば、建築士試験の合格ラインを突破できるようになります。

また、建築士試験用の問題集をたくさんこなすことで、いわゆる「ひっかけ問題」にも対応できます。
建築士試験では末尾を少し変えたり、表現を変えるなど、いくら内容を理解していても、ちょっとしたことで間違えることも多いのです。

それを回避するためにも建築士試験用の問題集は重要です。
同じ問題を3回、4回と繰り返し行っていくうちに、「あぁ、これはここを問うための問題だな」というのが分かってきます。

つまり、建築士試験で合格するためには、何をどのように勉強すればよいのか?というのも自然に分かってくるわけですね。

建築士 試験の参考書の活用

二級建築士学科総合対策 問題集は主に建築士試験のための勉強を効率よく行うために使います。
一方の建築士試験用の参考書は、意味を理解したり、記憶したり、建築士のための知識を得るために用います。

しかし、先ほども言いましたように、建築士試験の勉強では、建築士試験で合格できる最低の知識だけあればよいわけです。必要のない知識を得るというのは、はっきりいって時間の無駄以外の何者でもありません。

ここでの活用法は、建築士試験の問題集でつまずいたところをおさらいする、といった使い方でよいわけです。
もちろん、建築士試験で必ず出る計算式などはきちんと暗記する必要があります。

ただ、問題集と併用することで、闇雲に勉強する必要がなくなり、必要な知識だけを得ることができます。
建築士試験の用語によっては、内容を詳しく理解する必要があったり、名称だけ覚えておけばよいものもあります。

建築士 試験は繰り返し覚える

建築士試験に限らず、しっかり覚えるには、何度も繰り返し行うことが大切です。繰り返し行ったことは、忘れにくいからです。

まず、建築士試験用の参考書をある程度理解するまで読みます。
そして、できれば覚えているうちに問題集をします。もちろん同じ範囲の問題をするわけです。ここでは間違えてもかまいません。

このとき、間違えたり分からなかったものは、建築士試験用の問題集で全問正解するまで、何度も復習を行います。
そうすることで、弱い部分も確実に補うことができます。

この作業は、建築士試験日まで毎日行います。
1時間でも2時間でも、建築士試験まで必ず続けて下さい。
繰り返し行うことは、どんな才能にも勝ります。

しかも、これの強みは誰にでもできることです。
建築士試験に合格した人は、皆さん行っています。

建築士試験では、言葉のフレーズを見ただけで答えが解ることもあります。それくらい繰り返すというのは大切なのです。

建築士 試験対策 建築士 試験対策の問題集 建築士 試験対策の製図
Copyright (C) 2006 建築士 試験対策 All Rights Reserved.