建築士 試験対策は、 一級建築士、二級建築士 を目指すあなたを応援します。 建築士 試験の製図に合格するために重要なこと。

建築士 試験対策の製図

建築士 試験の製図とは?
建築士 試験の製図の勉強方法と対策
建築士 試験の製図で合格するために大切なこと

  
建築士試験には、学科と製図があります。
学科は春に行われ、その合格者は製図試験を秋に行います。

建築士試験の製図では、学科よりも合格率は高いです。
しかし、難易度は非常に高く、正しい勉強をしなければまず受かりません。

製図試験の内容は、あるテーマに沿って建築物を設計します。
建築士試験のテーマは毎年違いますが、作成する図面はほぼ決まっています。

これを敷地、及び周辺の条件に合わせ、建築物を設計します。
建築士試験のテーマで要求された部屋がなかったり、適切でない場合などは原点されます。また、法規違反の場合は即アウトとなりますので注意が必要です。

建築士試験で要求される図面は、1階平面図兼配置図、各階平面図、立面図、断面図、矩計図、これに面積表や仕上げ表、部材表などを加えます。

建築士試験の製図は、建築士になるための最後の難関です。
がんばって勉強してぜひ念願の建築士免許を獲得して下さい。

建築士試験の製図作成のポイント

建築士試験の製図では、要求された建築物を設計し、正しい図面を作成するわけです。
逆にいうと、必要最小限の図面が描ければよいということです。

建築士試験では、たとえばデザイン的に劣っていても、それらは採点には含まれません。
また、建築士試験では使い勝手が悪かろうが関係ありません。

柱や梁が丸出しでかっこ悪くても、それよりも構造がしっかりしていて設計しやすい、図面が描きやすいといったことを優先します。

要するに、建築士試験の学科と同じ考えでよいわけです。
あくまでも試験用と割り切った考え方が必要です。

建築士試験では法規違反は致命傷です。
ですから、そのあたりを念頭においてしっかり勉強しましょう。

建築士試験では、合格のためなら過剰設計もOKでしょう。
とにかく1枚でも多くの図面を書いて、体でおぼえましょう。

ここでも繰り返しが建築士試験合格のカギを握ります。

建築士 試験の製図合格の近道

建築士試験の製図では、限られた時間内に要求された図面を完成させなければなりません。時間が少ないのです。

そのため、実際の建築士試験では、全ての図面がすぐに書けるように、何通りかの条件に合った図面を書く練習をします。

つまり、試験前の勉強では、いくつかのパターンでプランを練っておくわけです。それを条件にあてはめるといった感じでしょうか。

テーマは試験前に発表されますので、どの条件でも使える図面をインプットする必要があり、これは独学ではかなり困難です。

しかも、その年の教材が手に入らないと、勉強すら出来ません。

せっかく建築士試験の学科に合格したわけですし、ここは確実に建築士試験に合格するために、専門学校に通うのがいいと思います。

お金はかかりますが、それだけの価値は十分にあるでしょう。

建築士試験では、100%合格できるだけの自信を持つことも大切なのです。
建築士 試験対策 建築士 試験対策の勉強方法 建築士 試験対策の問題集
Copyright (C) 2006 建築士 試験対策 All Rights Reserved.